ナポリの窯のピッツァに合うレシピなどを紹介いたします。

アラビアータ -イタリア語で「怒り」という意味のパスタ-

作成日:2016.08.24

最終更新日:2016.08.24

カテゴリー:パスタ

ピリッとした辛みが食欲を増す“アラビアータ”。唐辛子とトマトが盛んに栽培されているイタリアならではの組み合わせです。

アラビアータとは?

イタリア料理のパスタソースの一種。トマトベースのソースで唐辛子、にんにくを入れたスパイシーなソースです。トマトのさっぱりとした酸味と唐辛子の辛味、にんにくの風味が食欲をそそります。

アラビアータの由来

アラビアータとはイタリア語で「怒っている」という形容詞の「arrabiato」に「○○風」という意味に変化する「all’」をつけて「all’arrabiata」と書きます。

そのため、アラビアータを日本語に直訳すると「怒りんぼ風」。この由来はアラビアータを食べると、ソースの辛さで怒ったように顔が赤くなることからこの名前がついたと言われています。

ちなみに、アラビアータのもうひとつの語源といわれている地名のアラビアとは関係がありません。アラビア風のパスタと勘違いをしている人が多いようなのでここは訂正しておきましょう!

アラビアータのつくりかた

①唐辛子とにんにくをオリーブオイルで熱して辛味を移します。

②トマトソースをいれて煮込み、塩・こしょうで味を整えます。

以上のシンプルなレシピがアラビアータのつくり方です。お好みで唐辛子やニンニクの料を変えると、風味に変化がつきます。ぜひ、自分好みのアラビアータをつくってみてくださいね

アラビアータのつかいかた

一般的にはパスタとあえてつかわれることが多いですが、アラビアータと呼ばれる定義は唐辛子を使ったトマトソースのことなので、パスタ以外にもさまざまな料理があります。

ペンネとあわせた「ペンネ・アラビアータ」やスパゲッティとあわせた「スパゲッティ・アラビアータ」は日本でも一般的に知られていると思います。

また、日本ではあまり知られていないアラビアータでソテーした鶏肉を煮込んだ「ポロ・アラ・アラビアータ」(鶏肉のアラビアータ煮)もオススメです。

アラビアータの合うお酒

にんにくの風味と唐辛子の辛さがきいたアラビアータにはキレのある辛口の白ワインやスパークリングがオススメ。のどごしがスッキリとしたビールとの相性も良いですよ。

pagetop